アルソック

賃貸でも使える!みまもりホームセキュリティの口コミ・評判

このエントリーをはてなブックマークに追加

みまもりホームセキュリティ

みまもりホームセキュリティは、ソフトバンクが提供している簡易ホームセキュリティです。
窓やドアに取り付けたセンサーが反応して、本体に通知、侵入者をアラームで威嚇しつつ、異常発生を知らせるメール(SMS)が届くというもの。

従来ではありえない月々467円+税のワンコイン料金設定に多くの反響を呼びました。

みまもりホームセキュリティの口コミ・評判

実際に利用している人の口コミと評判を集めてみました。

決め手は「値段の安さ」

防犯に不安があり、ホームセキュリティの導入を考えていましたが、セコムアルソックなど、警備会社系を利用するのは、料金的にハードルが高いなと感じていました。

ソフトバンクのみまもりホームセキュリティにしたのは、やはり値段が一番の決め手でした。
他業者の月額料金が3,000~5,000円くらいするのに対して、月々500円程度なのは驚きました。

本体(とセンサー、リモコン付き)価格が23,520円なので「高いな」と感じましたが、工事料などを考えれば安い方です。工事には時間もかかりますが、みまもりホームセキュリティを買って数時間後には取り付けやセンサー登録が終わりました。

値段が値段で、利用できるサービスは限られていて「簡易ホームセキュリティだな」とは思いますが、利用して良かったと思います。

駆けつけサービスは不要?

みまもりホームセキュリティのオプションサービスとして「CSPみまもりアシスト」があります。
これはセントラル警備保障(CSP)とソフトバンクが提携しているサービスで、異常が起こった時、メールで異常が通知された後、電話をすればCSPの警備員がかけつけてくれると言うもの。

他のホームセキュリティでは、異常が発生した時、通知がすぐに警備会社へ行って、警備員が現場へ急行してくれます。CSPみまもりアシストの場合は、メールを受け取った後、自分でセントラル警備保障に電話する必要があります。

「どう考えても異常発生から駆けつけまで、タイムラグがあるな」と思ったのと、出動料金が一回約6,000円だったので、私はオプションサービスを付けませんでした。

契約するとCPSステッカーを貰えるそうなので(みまもりホームセキュリティにはステッカー無し)、「自宅はホームセキュリティ導入しています!」と泥棒避けには効果あるのではないかな、と思います。

一人暮らしの賃貸マンションでも

都内の賃貸マンションで一人暮らししています。
ホームセキュリティ自体は元々興味があったのですが、どのプランも「工事が必要」だったので、導入は無理だなと諦めていました。

今住んでいる賃貸マンションに長年住むつもりは無かったので「工事までするのはなー」と思って。
みまもりホームセキュリティは、取り付け工事が不要で、しかも費用が安かったので、利用を始めました。これなら引っ越した時でも大丈夫だろうと。

契約期間が2年ですが、今住んでいるマンションも2年契約なので、その点でも不便を感じてませんね。

iPhone(とソフトバンクのスマホ)のスマホアプリ「みまもりホームセキュリティアプリ」を使えば、外出モードやみまもりモードの遠隔操作ができるので、出かけた後「切り替え忘れた!」と気付いた時に、すぐ操作できるのも便利です。

Twitterの口コミ、評判

まとめ

みまもりホームセキュリティの口コミと評判をメリットとデメリットでまとめてみました。

メリット

  • 月額490円で導入できる
  • 取り付け工事で一人暮らしの部屋でも使える
  • 万が一の場合はセントラル警備保障の警備員が駆けつけてくれる
  • 「みまもりホームセキュリティアプリ」で警備モードの起動や解除ができる

デメリット

  • いわゆる簡単ホームセキュリティで、使えるセキュリティサービスに限界がある
  • センサーはドアや窓につける「開閉センサー」のみ
  • 「CSPみまもりアシスト」の出動料金が別に必要
  • アプリの対応機種はiPhoneとソフトバンクのスマホ限定

みまもりホームセキュリティは「手軽に利用したい」「賃貸マンションやアパート住まいで、本格的なホームセキュリティが導入できない」「家で何かあった時は、外出中でも状況が知りたい」という人に向いていると思います。

アルソック
ズバットホームセキュリティ比較
関連記事をもっと読む