アルソック

良く分かるSECOM(セコム)とALSOK(アルソック)の料金比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

SECOMとアルソック

ホームセキュリティーは長期的利用が原則なので、やはり気になるのが毎月の料金のこと。
利用者の多いSECOM(セコム)ALSOK(アルソック)の料金を比較してみました。

セコムの特徴

SECOM

セコムは業界No.1のシェア率を誇る人気のホームセキュリティです。
日本で初のホームセキュリティシステムを確立したセコムだけあり契約数も日本一。

全国に約2,800ヶ所以上もある緊急発信拠点をもっており、異常事態発生や万が一の場合でも24時間365日、迅速に現場へ駆けつけてくれます。

拠点が多いので、一拠点に対する対応エリアが狭く、非常通報から現場到着時間までが短くて済むというメリットがあります。

家庭の防犯対策以外にも、セコムホームコントローラーを通して、家族や友人の電話番号、保険証や運転免許証の身分証明書、薬情報などの個人情報をセコムの「セキュアデータセンター」で厳重に保管してくれます。

万が一、地震や火事などの災害に見舞われた時でも、セコムに情報を預けておけば、大切なデータを失わずに済みます。

またセコムには「補償制度」が標準装備されており、災害や盗難にあった場合は損害額に応じて保険金や見舞金が支払われる仕組みになっています。

アルソックの特徴

ALSOK

アルソックは業界No.2のホームセキュリティ業者です。
「リーズナブルな料金で利用できる」と口コミでも評判です。

待機所は全国に2,100ヶ所以上あり、業界トップクラスの数を誇ります。

パソコンやスマホ、携帯電話を使ってネット経由でセキュリティの解除・セット、窓開閉の確認が行えるなど、ユーザー目線のセキュリティが充実しています。

各家庭の状況に合わせた柔軟なプランが多く、工事費やセキュリティ機器など初期費用が0円から初められるゼロスタートプランなど、比較的リーズナブルな料金で始められるのがメリットです。

セコムとアルソックの料金比較

セコムとアルソックの違いを、料金の面で比較してみました。

出動料金は両方とも原則無料

ホームセキュリティを検討する時に意外と見落としがちなのが、出動料金(緊急対処料金)です。業者によっては、月額料金とは別に出動料金が必要なこともあります。

セコムとアルソックでは出動料金も、月々の契約料金に含まれています。間違えて警報を鳴らして、来てもらった場合も大丈夫です。原則は無料です。

ただし、セコムの「マイドクタープラス」やアルソックの「子ども向け かけつけサービス」など、オプションサービスや特別プランを利用している時は、別途かけつけ料金が必要です。

料金プランはアルソックが格段に安い

セコムとアルソックではWebサイトや資料パンフレットに、料金プランの一例を載せています。そこで一戸建て(4LDK)のプランで料金を比較してみます。
※どちらも税別価格。

【SECOM】

レンタル お買い上げ
月額料金 5,900円 4,500円
工事料・システム料金 49,000円 294,600円
保証金 20,000円 なし

【ALSOK】

レンタル お買い上げ ゼロスタート
月額料金 6,870円 3,500円 7,760円
工事料 53,000円 53,000円 0円
機器料 0円 194,600円 0円

アルソックの方が月額料金以外にも全体的に安いです。
買い取りプランならば、月額3,500円+税から導入できます。

一年単位で考えると、アルソックのゼロスタートならで約10万円、セコムのレンタルプランは約15万円と、約1.5倍の差があります。

しかしながら、料金プランはほんの一例にしか過ぎません。

センサーや非常ボタンなどセキュリティ機器の種類、機器を取り付ける部屋の数などによっても、料金は異なります。人によって重点個所は異なるので、同じ間取りであっても全ての物件が一律料金になるとは限りません。

セコムやアルソック以外にも複数の会社に見積もり依頼を出して、自宅では実際にいくら費用がかかるのか比較する必要があります。

セコムの料金はなぜ高い?

セコムは月額料金を考えても、アルソックよりも割高です。

その理由は「補償制度」が標準装備されているから。
セコムに入っていて万が一被害にあってしまった時は、セコムが契約している保険会社から保険金が支払われます。

現金や貴金属、家財道具が盗難にあった時は合計で250万円の保険金がおります。また災害や泥棒などの侵入で建物が壊された場合は、損害額に応じて最大100万円の見舞金が支払われます。

アルソックは確かに料金は安いですが「何かあった時の補償」を考えると、セコムに高い料金を支払うだけのメリットはあると思います。

実際に見積もり依頼を出して比較を

比較と検討

本格的にホームセキュリティーの導入を意識した時は、Webサイトで比較するだけではなく、実際に資料請求(無料)や、各業者に見積もりをすることが大切です。

見積もりをして初めて、自宅のホームセキュリティーに必要な料金相場を知ることができます。

見積もりではアドバイザーが、部屋の間取りや予算に応じたプランを提案してくれます。
また緊急対処員やガードマンが待機する緊急発進拠点、待機所が自宅から近いかどうかも分かります。

「自分は年何万円まで出せるのか」「今見積もりをしている所以外に、どの業者と比較して選ぶのか」をあらかじめ考えておいた方が、交渉や契約がスムーズに進むと思います。

アルソック
ズバットホームセキュリティ比較
関連記事をもっと読む