アルソック

今からでもできる女性の一人暮らしで実施すべき4つの防犯対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の防犯対策

一人暮らしの女性を狙った犯罪は、年々後を絶ちません。空き巣、強盗、ストーカーなどの犯罪被害にあわない為に、今からでも毎日できる防犯対策を4つまとめてみました。

カギは確実に施錠する

侵入ネコ

住宅侵入で多いのが「ガラス破り」と「無施錠」だと言われています。

自分の不注意で、侵入されるケースが多いのです。家に帰って玄関に入った後すぐに、ドアのカギをかけることを習慣にしておけば、カギのかけ忘れも防げます。

お風呂に入っている時や就寝中など、無防備になる時間帯は特にカギをかけておきましょう。
私の友人に「寝る時もカギをかけない」という人がいますが、これは問題外です。部屋に金目の物がなくても、カギはしっかり施錠することが大切です。

コンビニでお菓子を買う時や、ゴミを捨てる時など、少しの外出でもカギはかけましょう。その「ちょっとした」隙を狙って、人などが侵入してきます。

窓に対する防犯対策は「侵入経路No.1!窓・ガラス破りの防犯対策とは?」で詳しくまとめています。

アポ無し訪問は無視する

宅配便や友達など、特別誰かが来る予定ではない場合、インターフォンが鳴っても無視しときます。防犯上の理由の他に、宗教勧誘や営業の可能性も高いからです。

いちいちお断りしたり、応対に時間を費やしたりするのは結構面倒なもの。
テレビドアホン付きのマンションだと、確認の為に応答するのも一つの方法ですが「この部屋には女性が住んでいる」と思われたくない場合は、出ない方が無難です。

防犯ブザーは1個以上用意しておく

女性向けの防犯ブザー

もし不審者に出くわした時用に、防犯ブザーを持っていると役に立ちます。
できれば複数用意して、どこに居ても鳴らせるようにするのがベストです。

アラームを鳴らすことで、周囲に異変を知らせることができ、侵入者を撃退する効果があります。マンションやアパートなどの総合住宅に住んでいる場合は、特に有効的です。無理に相手と対抗しようとせず「アラームを鳴らしたら逃げる」ことが、自分の命と身を守る上で一番大切です。

室内で利用する防犯ブザーは、なるべく音が大きいものを選びましょう。大音量なのは「90~120dB」前後です。生活防水タイプの防犯ブザーもあるので、場所や部屋の広さに応じて防犯ブザーを使い分けてみましょう。

警備会社と契約する

どうしても不安なら、セコムやアルソックなどの警備会社と契約して、ホームセキュリティを導入する方法もあります。

ホームセキュリティは家族連れが利用するイメージが強いですが、実際に「娘が心配だから……」と契約する親御さんも多いようです。

ホームセキュリティを導入すると、ドアや窓に設置したセンサーで部外者の侵入を察知して、自動で警備会社や警察に通報してくれます。非常ボタンを押すと警備会社に通報するシステムもあります。

セコムアルソック全日警など、ほとんどの警備会社で一人暮らし向けサービスを行なっています。

一人暮らしでも安心して生活したいと考えている時は、プロのホームセキュリティを頼ってみるのも良いのではないでしょうか。

また「賃貸だからホームセキュリティと契約できない」と言う人は、賃貸マンションやアパートでホームセキュリティを利用する3つの方法で書いたように、セキュリティ重視のマンションを選ぶ。
工事不要で賃貸物件でも比較的利用しやすいソフトバンクのみまもりホームセキュリティの利用を検討してみて下さい。

アルソック
ズバットホームセキュリティ比較
関連記事をもっと読む