アルソック

通販で購入、中古も忘れずに!自転車の防犯登録をする方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

自転車の防犯登録

自転車屋やホームセンターなどで購入すると、ほぼ自動的に防犯登録をされます。

しかしながら、自転車をネットショップや通販で買ったり、オークションで落札した時は、自分で防犯登録をする必要があります。

知り合いや友達から譲られた場合も、所有者が変わると名義変更は不可で再登録が要ります。

大切な自転車を守る為にも、防犯登録をきちんとすることが大切です。
防犯登録の方法や、注意事項をまとめてみました。

防犯登録の方法

「自転車防犯登録所」で防犯登録の手続きをします。

自転車防犯登録所は自転車屋、ホームセンター、ショッピングセンターなどの自転車を取り扱っている所なら、どこでも即時OKです。交番や警察では登録できません。

防犯登録に行く前に、必要なものを用意しておきます。

【防犯登録で必要なものリスト】

  • 防犯登録をする自転車
  • 身分証明書(運転免許証、保険証、学生証など)
  • 自転車の保証書、販売証明書
  • 現金(500円程度)

外国人国籍の人は、身分証明書の他に外国人登録証明書も持って行きます。
防犯登録料として多くの場合、500円必要ですが登録料は都道府県によって多少違うこともあります。

保証書や販売証明書は「販売店名・商品名・車体番号」などが全て記載されているものが必要です。

保証書や販売証明書が無い場合

知り合いや友人から自転車を譲り受けて、保証書や販売証明書が無い場合は、前の所有者に連絡して「譲渡証明書」を書いてもらいます。

譲渡証明書は一般社団法人東京都自転車商防犯協力会の防犯登録Q&Aからダウンロードできます。

「防犯登録の再登録をしていなかった所為で、警察の盗難自転車チェックの時に名前や住所が違うことが分かって、窃盗自転車だと思われた」という友達がいました。

その時は幸いにも前の所有者とすぐに連絡がとれたので、拘束時間は短かったようですが、面倒な目に遭わない為にも防犯登録はさっさと済ませた方が良いです。

関連リンク
●「一般社団法人東京都自転車商防犯協力会」防犯登録Q&A

1~2ヶ月は防犯登録情報に反映されない!?

あまり知られていないことですが、防犯登録を済ませた後でも、1~2ヶ月の間は事務的な処理の関係で、警察の防犯登録情報に反映されないことがあるようです。

警察に防犯登録のチェックをされた時用に、数ヶ月間は防犯登録をした時の申し込み用紙の控えを持っていた方が安全です。

登録は義務!500円で安心と信頼を買う

「登録料500円は高い」と、防犯登録なしで自転車に乗る人も多いですが、法律で自転車の防犯登録は義務化されています。実際の罰則や罰金はありません。

自転車の盗難があった時に見付かりやすくなったり、駐輪禁止区域に自転車を停めて撤去された時に連絡がきたりするメリットがあります。
また防犯登録をしてあると、警察の盗難自転車チェックの時に、すぐにパスできるのは大変に楽です。自転車窃盗犯だと疑われて、嫌な思いをせずに済みます。

特に古くてボロボロの自転車に乗っている人は、自転車の盗難に遭いやすく、警察から声をかけられやすいので、防犯登録をしておいた方が良いでしょう。

防犯登録の有効期間は、都道府県によって異なりますが約5~10年です。
一年100~50円で安心と信頼を買うと思えば、そう出せない金額ではないように思います。

アルソック
ズバットホームセキュリティ比較
関連記事をもっと読む