アルソック

どこでも取り付けOK!携帯セキュリティ「ココセコム」が評判な4つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

ココセコム

ココセコムとは、警備会社SECOM(セコム)が開発・販売している位置情報提供システムサービスです。

ココセコムの特徴

GPSと携帯電話の基地局の電波を利用して、ココセコムの位置を検索することが可能です。
ココセコムは持ち運び可能な小型の端末で、人の行方を探したり、車、バイク、荷物などの盗難を防いだりするのに効果が高いと口コミでも評判です。

持ち運び自由、どこでも取り付けOK

ココセコムの端末は名刺サイズ、重さは53gと軽くて小さいので、自動車、バイク、荷物、カバンなど場所や物を選ばずに取り付けられます。

車に取り付ける場合、車のバッテリーから直接電力を供給するタイプもあります。
充電の必要がなく、車体内部に設置するので、気付かれにくいという特徴があります。

ただし取り付けには専門の技術が必要なので、イエローハットやオートバックスなどのココセコム特約店で申し込みます。

位置情報確認は365日24時間行なえるので、誰かが居なくなった時や、物が盗まれた時はすぐに調べることができます。

位置検索可能なエリアは、auの基地局がある全国サービスエリアになるので、場所によっては位置検索が難しいかもしれません。

緊急対処員が現場へ急行

子どもやお年寄りが迷子になって、自分ではすぐに迎えに行けない時、セコムへ連絡すれば、オペレーターの指示で、一番近くにいる緊急対処員が現場へ駆けつけます。

発見後は家族が迎えに来るか、タクシーに乗せるまで緊急対処員が一緒に居てくれます。

現場急行料金は1回10,000円+税です。

防犯対策に特化した機能

ココセコムの特徴の一つは、防犯に特化した機能だけを備えていること。

不審者に出会ったり、急病になったりした時は、ココセコムのボタン一つ押すだけで、オペレーターが家族へ連絡すると同時に、セコムの緊急対処員が急行してくれます。

電話やメール機能はないので、年齢問わず誰でも利用できるようになっています。

安否確認サービスも

ココセコムでは安否確認サービスも利用できます。

「しらせてコール」は。専用のWebサイトからココセコムへ安否確認の信号を送信。
ココセコム本体が振動して、持ち主が操作することで応答があったことを知らせてくれます。

GPSを使った位置情報も取得できるので、安否確認と共に、今どこにいるのか分かるようになっています。

しらせてコールは追加料金なしで使えるので、何度でも気軽に安否確認が可能です。

バッテリー式で充電

ココセコムは充電式。フル充電で最大240時間(10日間)作動します。

充電は約1~2週間でなくなるので、こまめに充電をしておかないと、いざという時に役立たないので注意が必要です。予備バッテリーを追加で購入(1コ1,500円+税)もできます。

バッテリーの残量が減ってきた時は、音は鳴らずにランプの点滅で教えてくれるので、こっそり使っていてもバレません。

車用のセキュリティならば、車体内部に取り付け可能で車のバッテリーから充電するタイプを使うと安心です。

ココセコム

ココセコムの料金

ココセコムはレンタル式なので本体料金は不要ですが、加入料金や充電器代、基本料金がかかります。

加入料金……4,500円+税または5,000円+税
標準充電器……2,000円+税
基本料金……900円+税~

初期費用は最低でも7,400円+税かかる計算です。

ココセコムの申し込み方法が、郵送5,000円+税、インターネット4,500円+税で、インターネットから申し込むと500円割引サービスが受けられます。

利用プランは3種類あり、インターネットから無料で位置情報が検索できる回数によって料金が異なります。位置情報検索は料金プランの無料回数を越えると有料(1回100円+税)になります。

位置情報が検索できるのが、ココセコムの評判が高い理由の一つ。
「子どもがどこにいるか分かって便利」「居なくなった親を探すのに役立った」という口コミが多くありました。

セコムへ電話して位置情報を検索してもらう場合は別に1回200円+税必要です。

関連ページ:子どもの見守り以外も使えるココセコムの評判・口コミ

携帯電話を使ってココセコム

auやドコモの携帯電話を利用している人なら、ココセコムと同様のサービスも受けられます。
携帯電話タイプだと新しくココセコムや充電器を入手する必要がなく、基本料金が月額250円+税と安いです。

加入料金3,500円+税(インターネット申込みで500円割引)と、6ヶ月分の基本料金(前納で1,500円+税)が初期費用として必要です。

アルソック
ズバットホームセキュリティ比較
関連記事をもっと読む