アルソック

侵入経路No.1!窓・ガラス破りの防犯対策とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

窓にご用心

侵入窃盗の侵入口として最も多く使われるのがです。
玄関ドアと比べて、カギのかけ忘れが多く、ガラス一枚壊せば部屋へ侵入できることが理由です。

窓やガラス破りの防犯対策について紹介します。

5分以上耐えられる防犯フィルムを選ぶ

窓からの侵入手口としては「ガラス破り」と呼ばれる方法が、ほとんどを占めます。
ガラス破りには、3つの種類があります。

  • こじ破り……ドライバーを使って、サッシと窓ガラスの間を叩く。
  • 焼き破り……ガスバーナーなどで窓を加熱する。
  • 打ち破り……バールのようなもので、窓を打ち壊す。

防犯フィルムなど、後から剥がす時に跡に残りそうなものを賃貸マンションやアパートの窓に貼る場合は、事前に大家さんや不動産管理会社に相談すると良いです。

現状復帰が難しいと言うことで、断られるケースもありますが、剥がさずにそのままにしても良いと言われる場合もあります。

一般的に5分以上侵入に時間がかかる場合は、泥棒を諦める確率が格段に上がると言われています。

防犯シートや防犯フィルムを使う時は、なるべく分厚い物(350μm以上)を選ぶこと。
そしてカギ周りの一部分だけでなく、窓の全面に貼ることでより強固で安全になります。

補助鍵を使う

一つの窓にカギ(クレセント錠)が一つだと、その部分のガラスを破ってしまえば、簡単に侵入されてしまいます。それを防ぐ為に、もう一つ補助鍵を付けておくと、簡単に窓が開かなくなるので、侵入の時間稼ぎになります。

専用のカギでないと解除できない補助鍵や、窓を開けようとすると警報音が鳴るタイプだと、更に効果的です。

取り付けは、強力両面テープを貼るのと、強力両面テープを貼った後にネジ止めをする方法の2種類あります。値段は1,000~3,000円程度で、機能によって金額がかなり変わります。

地味な遮光カーテンを閉めっぱなしにする

カーテン

室内の明かりで今居るのか留守なのか、ひと目で分かってしまいます。

部屋に居る時、居ない時関わらずカーテンを閉めっぱなしにしておくと、人がいるかどうかパッと見では分からないので、空き巣や泥棒の侵入を未然に防ぎます。厚手で遮光性の高いカーテンだと、眩しい日差しを防ぐだけではなく、防犯効果も高まります。

特に女性の一人暮らしの場合は、可愛い女物のカーテンを吊っていると、住んでいるのが女性だと丸分かりです。

できるだけ地味で、性別や年齢が判断しにくいカーテンを選びましょう。部屋に明かりを入れたい時は「ミラーレースカーテン」と呼ばれる普通のレースカーテンよりも、夜でも室内を見えにくくするプライバシー保護機能に優れたカーテンを選ぶと更に安全です。

どうしても窓を空けたくなる夏の時期なら、スダレを窓から垂らしたり、外から立てかけたりすると、日差し避けと目隠し対策になります。勿論、外出する時は窓を閉めましょう。

ホームセキュリティを申し込む

申込み

自力での防犯対策に限界を感じた時は、ホームセキュリティを利用する手もあります。

不審者や泥棒が侵入してきた時には、窓や扉開閉センサーが異変を検知して、警報音が鳴り、自動的にホームセキュリティー会社へ通報されるシステムになっています。

また窓やドアが開いていることを知らせてくれるので、外出時のカギのかけ忘れを防げるなど、日頃から防犯の意識をしっかり持つことができます。

自分の大切な家族や財産を守る為に、利用を検討してみても良いのではないでしょうか。
ホームセキュリティの資料請求・見積もりは無料で行なえます。

アルソック
ズバットホームセキュリティ比較
関連記事をもっと読む