アルソック

ALSOKが神社仏閣の防災、防犯、防火対策サービスの提供を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

ALSOK

ALSOKは神社仏閣の防災、防犯、防火対策を目的とした「神社仏閣ソリューションパッケージサービス」の提供を2014年4月7日から全国で開始しました。

東日本大震災以降、神社仏閣は災害時の防災拠点として注目されています。
「神社仏閣ソリューションパッケージサービス」では、防災体制や備蓄品の整備を支援するサービスを提供してくれます。

また神社仏閣には燃えやすい木造の建築物や美術品が多く、誰も住んでいない寺社が増えていることから、出火や侵入窃盗も発生しています。
文化財を火災や盗難から守るために、対策を支援するサービスの提供もあわせて行なわれます。

提供サービス内容

  • 防災対策
  • 防犯、防火対策
  • 文化財保護、保存対策

防災対策

災害が発生した時に地域住民の安全確保の為、神社仏閣には避難施設や避難者への支援などの役割が期待されています。

「神社仏閣ソリューションパッケージサービス」では、防災体制や備蓄品の整備を支援します。

【防災マニュアル策定支援】
地震などが発生した際の初動対応、平常時からの準備などをマニュアル化。

【防災マニュアル見直し】
お客様が既に作成した防災マニュアルを検証して、改善のアドバイスを行なう。

【防災講習会】
防災意識向上のため、業種・地域などに合わせた内容の防災講習を実施。

【防災訓練実施支援】
お客様の状況に合わせて避難訓練のシナリオ作成、訓練実施の支援(避難訓練、 図上災害訓練など)などを実施。

【備蓄品マネジメント支援】
備蓄品の現状診断・運用マニュアル策定、備蓄品選定、数量調査、検証、保管場所のアドバイスを行なう。

防犯、防火対策

神社仏閣を4つの区分を設定。
定期的な見回りや地域コミュニティの活性化、防犯カメラの設置、消火設備や収蔵物のデータベース化など、犯罪・災害に強い環境を作ることで文化財を守ります。

防犯、防火対策

ALSOKでは 防犯、防火対策の状況について、現状診断に基づき、お客様に必要、最適な対策の提案を行ないます。

神社仏閣における防犯・防火対策の一例

センサーなどの設置は貴重な文化財を傷つけないように木製の設置治具を利用したり、木箱に収納するなど景観に配慮した施工が行なわれます。

文化財保護、保存対策

盗難や火災で文化財の破損、焼損が発生した場合に備えて、文化財を高精細なデジタルデータとして保存。迅速な現状複製を可能にします。

盗難が発生した時、アーカイブ化されたデータがあれば早期発見に役立ちます。

またデータを活用した文化財の公開や高精細な複製品の展示をすることで、オリジナルの文化財を良好な状態で保存、保護できます。

文化財状況保存、古文書データ保存、複製に関しては大日本印刷株式会社の提供です。


ALSOKのプレスリリース
防災拠点としての整備から、防犯・防火対策までワンストップで提供!
「神社仏閣ソリューションパッケージサービス」の提供開始について
(外部リンク)

アルソック
ズバットホームセキュリティ比較
関連記事をもっと読む