アルソック

アプリで遠隔操作!関電SOSが口コミで選ばれている理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

関電SOS

「頼りになるワン!」のCMでお馴染みの関電SOS(関電セキュリティ・オブ・ソサイエティ)は関西電力グループのホームセキュリティです。

関西電力と1社の警備会社(東洋テック)が連携しています。

滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県で、地域密着型のホームセキュリティサービスを実施しています。

関電SOSの特徴

ホームセキュリティサービス

関電SOSのホームセキュリティサービスは「24時間365日対応」です。

防犯センサーが異常を感知したり、通報ボタンを押すと関電SOSと提携している警備会社の警備員が現場へ出動、異常確認を行ないます。必要に応じて警察や消防などにも通報してくれます。

登録したアドレス宛て(最大3件)に、メールで異常を通知してくれるので、外出時でも状況が分かって安心です。

セキュリティプラン

関電SOSの基本メニューは、とてもシンプルです。

  • コントローラー:監視センターへの通報、セキュリティモードの変更・解除
  • 非常ボタン:通報機能があり、手のひらサイズで持ち運びOK
  • SOSパッシブセンサー:遠赤外線を感知して、侵入者を検知する
  • 窓や扉に貼るステッカー
  • 警報メール通知サービス
  • 遠隔操作機能:ケータイ、スマホ、PCでセキュリティの開始・解除ができる

他と比較すると、基本装備なことが多い、遠隔操作ができる専用のリモコンや、扉や窓の開閉を検知するセンサー、ガス漏れ・火災センサーは別途「有料」になっています。

パソコン、スマホ、ケータイから遠隔操作可能

セキュリティのセットを忘れて外出した時にも便利に使えるのが、関電SOSの「遠隔操作」機能です。パソコンやケータイから、セキュリティ状態の確認やセキュリティのセット・解除が行なえます。

遠隔操作機能はスマホアプリにもなっているので、スマホからの利用もできます。

スマホから遠隔操作ができるホームセキュリティには、他にもアルソックやソフトバンクのみまもりホームセキュリティがあります。

関電SOSの料金プラン

基本メニューの料金プランは、セキュリティ機器のレンタルと買い取りの2種類あります。

料金プラン

一戸建てとマンションの基本メニューの料金と設備内容は同じです。その為、部屋数の多い一戸建てだと、物足りなさを感じるかもしれません。その場合は、センサーなどを追加で付ける必要があります。

ホームセキュリティの為には工事が必須なので、特に賃貸物件の場合は事前に管理会社や大家さんと相談しておくことが大切です。

安心安全を保証するオプションメニューが充実

SOSワイヤレス救急ボタン

基本メニューでは不安と言う人は、オプションを付けることでセキュリティ面がより強力になります。

開閉センサーや、ガス漏れ・火災センサーもオプションメニューに入ります。

室内用セキュリティカメラや、家族の帰宅をメールで知らせてくれる「帰宅通知サービス」は、ペットを飼っている人や、小さな子どもが居る家庭向けのサービスです。

ボタンひと押しで救急通報できる「SOSワイヤレス救急ボタン」は、急病などの万が一の場合に警備員が駆けつけてくれます。高齢で一人暮らしをされている人の心強い味方です。

それぞれ追加料金はかかりますが、各家庭のライフスタイルや要望に合わせたオプションサービスを付けることもできます。

ガラス・ドア鍵取替費用補償制度

関電SOSでは、補償制度が標準で付いてきます。

侵入や盗難などで窓やドアの鍵が破壊された時は、窓一枚1万円、ドアカギ1個2万円の補償が支払われます。未遂の場合でも補償金が出ます。

また現金や貴金属、家財、美術品を対象にした盗難保険『プラス1』(月額525円)もあります。

補償制度があるホームセキュリティは、他にセコムセントラル警備保障(CSP)が有名です。

契約特典で割引あり

関電SOSは関西電力グループのホームセキュリティなので、オール電化住宅や関電グループのサービスに加入していると、初期費用が割引になるプランもあります。

例えば今住んでいるオール電化住宅に、新しく関電SOSのホームセキュリティを利用する時、初期費用が買取プランなら5,000円+税レンタルプランで3,000円+税が割引になります。

サービス提供エリアは関西圏に限られていますが、その分地域に密着した安心のサービスが受けられると思います。

関電SOSの口コミ、評判

実際に関電SOSを利用している人の口コミと評判をTwitterからまとめました。

関連記事をもっと読む