アルソック

補償制度が充実!安くなったSECOM(セコム)の料金プラン

セコムの料金プラン

2017年7月より発売が開始された「セコム・ホームセキュリティ NEOは、SECOM(セコム)の中でも人気のホームセキュリティシステムです。

外出時だけではなく、在宅時も安心なセコム・ホームセキュリテイ。

ホームコントローラーは「コンパクトな卓上据え置きタイプ」で、従来の壁付けとは違い、自宅の様々な場所に置けて、インテリアの邪魔をしません。

スマートフォンを使って、自宅のセキュリティ状況が確認できたり、警戒(セット)/解除の操作が行なえたりと、従来のホームセキュリティ・システムには無い、様々な機能が搭載されています。

セコムの料金プラン

セコム・ホームセキュリティの料金は、各家庭の規模や種類によって異なります。
センサーや非常ボタンなどのセキュリティ機器をレンタルするプランと、買い取りのプランによって、月々支払う料金に差が出てきます。

契約期間は初回は5年間、その後毎年の自動更新です。
住まいが賃貸物件ではないなら、買い取りプランの方が長期的に考えると安くなります。

マンション・戸建て小規模プラン例 レンタル 買取
月額料金 4,300円+税 3,000円+税
初期費用 工事料:43,000円+税
保証金:20,000円(契約満了時返却)
買取システム料金:152,500円+税
戸建てプラン例 レンタル 買取
月額料金 6,800円+税 4,500円+税
初期費用 工事料:58,000円+税
保証金:20,000円(契約満了時返却)
買取システム料金:387,200円+税

レンタルプランの場合、セキュリティ機器の貸出しの保証金として、2万円が必要です。
契約が満期終了したときに保証金が返却されます。ただし、契約期間中の解約は返金されません。

二世帯住宅の安全とプライバシーを守る

二世帯住宅向けのホームセキュリティーシステムでは、各世帯でセキュリティ操作が可能になっています。
親であっても、子ども世帯へ無断侵入できないのは嫁姑、親族問題をかかえている人にとっても大きなメリットですね。

操作機器(ホームコントローラー)を使えば、電話を持っていなくても連絡が取れるので、「親の世帯で何かあった時に状況が分かるので便利」と評判です。家を二世帯住宅に改築する時に、勧められてセコムを選ぶ人も多いようです。

お店兼住居にも対応

住宅兼オフィス・店舗・医院プラン例 レンタル 買取
月額料金 7,800円+税 4,500円+税
初期費用 工事料:65,000円+税
保証金:20,000円(契約満了時返却)
買取システム料金:331,700円+税

セコムには自宅の一部が事務所や店舗になっている住居向けのホームセキュリティーもあります。昼間住居エリアにいない時は、住居部分だけにセキュリティをセットできるなど、職住で切り替えが可能になっています。

職場と自宅を別々に防犯システムを導入すると、値段が高くなってしまいがちです。セコムの職住一体型住宅向けのプランなら比較的リーズナブルな価格で万全なセキュリティが利用できます。

セコムの料金は補償制度付きでも安い

以前までセコムの料金は「割高」な印象が強かったのですが、料金プランの改定もあり、他の業者と比較しても、セコムの料金は他のホームセキュリティと比較しても、あまり変わらないようになりました。

しかも、セコムには補償制度が標準装備で付いていることを考えると、更に割安感が出てきますね。

補償制度では貴金属や現金、家財道具が盗まれた時は、最大250万円の保険金が下りたり、火災や泥棒の侵入などで建物が壊された時は、修復費用などを支払ってくれたりします。

万が一のことを考えれば、補償制度が標準装備なセコムを選ぶ価値は高いです。

料金は各家庭によって異なる

上で紹介したセコムの料金プランは一例です。
例えば同じマンションの3LDKタイプでも設置する機器の数や、オプションサービスの有無などによって料金は異なります。

セコムでは無料で見積もりができるので、自分の家でいくら程度料金がかかるか知りたい時は、見積もり依頼を頼むのが良いと思います。担当者が詳しい説明と見積もりをしてくれるので、自分の家や予算に応じたプランが分かります。

関連記事をもっと読む