アルソック

セコムやアルソックのステッカーやシールだけを貼るのは問題?

ステッカーやシールだけは問題?

家の防犯対策で「ホームセキュリティに入るのはお金がかかるから、セコムアルソックなどの警備会社のステッカーやシールだけ欲しい」と考えている人は多いようです。

実際に近所の家を見て、玄関や窓にステッカーが貼ってあると「ホームセキュリティに入っているんだな」と思いますし、空き巣や不審者の抑止効果はありそうです。

では何が問題なのでしょうか。その理由を2つ紹介します。

ステッカーの販売は違法行為

本来シールやステッカーが、警備会社から単品で売られることは有りません。

しかしながら「セコム シール」や「アルソック シール」で検索すると、ショッピングサイトやオークションなどで警備会社のシールが取引されていることがあります。

ステッカーのみはNG!

しかしながら、これは法律で禁止されている行為です。

実際にネットオークションで、偽装ステッカーや正規品のステッカーを販売していた業者が訴えられています。参照先:SECOM(セコム)「セコムステッカーについて」

どのような理由でも、ステッカーを販売、譲渡すること。そして無契約で購入、借りることは違法行為なので「セコムやアルソックなどのステッカーやシールを手に入れたい」と思っても、絶対に止めて下さい。

ステッカーだけは逆効果

「シールを貼っていれば泥棒よけになりそう」と思いがちですが、ステッカーだけを貼っていると危険なことが多いです。

ホームセキュリティーのシールはある意味「防犯するだけの資産がある」と判断される材料の一つにもなります。

盗みに慣れた人なら、実際に窓にセンサーが設置されているかすぐに分かります。

「セコムのシールを貼っているから大丈夫」と気がゆるんで、窓やドアにカギをかけずに外出してしまえば、侵入され放題です。そう考えると、メリットよりもデメリットの方が目立ちます。

ステッカーを購入するお金があるなら、窓用の補助鍵や防犯カメラを導入した方が、防犯に効果的です。

くれぐれもセコムやアルソックなど、警備会社のステッカーやシールの購入はしないようにしましょう。

効果的な防犯対策とは?

ステッカーやシールを買うよりも、効果的な防犯対策はいくつか考えられます。

  • 窓に補助カギを付けたり、防犯フィルムを貼ったりする。
  • センサーライトや防犯カメラを設置する。
  • ベランダに玉砂利をまく。

一番確実で安心な防犯対策なのは「ホームセキュリティ会社と契約して、警備保障会社の正規シールやステッカーを貼ること」

ALSOKのようにセキュリティ機器や工事費など0円で始められる業者もあり、導入の初期費用を安く抑えられます。

「家の心配をせずに外出がしたい」「子どもや高齢の親だけが在宅しているのが不安で仕方ない」と思う多くの家庭で、ホームセキュリティが導入されています。

利用までにはハードルがちょっと高いと思うかもしれませんが、まずは無料の資料請求から始めてみてはいかがでしょうか。自宅の防犯への不安を解決する糸口になると思います。

アルソック
ズバットホームセキュリティ比較
関連記事をもっと読む