アルソック

契約数No.1!業界トップのSECOM(セコム)が評判な3つの理由

SECOM

「セコムしてますか?」のCMで有名なSECOM(セコム)は、1981年日本で初めて家庭向けセキュリティシステム(ホームセキュリティー)を開始した業界トップ企業です。

ホームセキュリティの契約数は約120万件以上と、業界No.1
利用者からの評判も良く、多くの家庭で選ばれているセコムの特徴を紹介します。

セコムの特徴

外出時は設置したセンサーが不審者の侵入を感知して、セコムに信号が送られて、緊急対処員が自宅まで急行してくれます。

セコムは留守中のセキュリティはもちろん、在宅時の防犯も優れています。
外出時以外にも旅行や出張などで、長期間家を不在にする時も、セコムが駆けつけてくれるので安心です。

在宅時の防犯対策も万全

家族が寝ている時、家の中の物音に気づかなくても、ドアや天井に取り付けたセンサーが侵入者を感知して、セコムへ自動通報してくれます。

窓から怪しい人影が見えたり、音がしたりした時、外に出て様子を確認するのは、非常に危険な行為です。下手をすると、侵入者とかち合う可能性も高いです。セコムに非常通報すれば、緊急対処員が駆けつけてくれるので、身の危険を感じずに済みます。

庭などに屋外用のカメラを設置すれば、外の様子を家の中から確認できます。
最大で12台設置可能なので、駐車場や玄関、勝手口などにそれぞれ配置して、防犯対策を強化できます。

センサーが不審者を監視すると、カメラが自動的に撮影してくれるので、留守中に侵入があった場合でも犯人特定につながる証拠が手に入ります。またセンサーライトやスポットライトカメラを使えば夜間も安心です。

アルソックも在宅防犯サービスがありますが、有料オプションになっています。
セコムは不在・在宅の両方のホームセキュリティを同じ料金で利用できるのがメリットです。

緊急対処が速い

緊急対処員

緊急対処用の緊急発進拠点は、全国で約2,800ヶ所以上と業界トップクラス。
拠点が多いと担当するエリアも狭いので、通報から到着時間までが早くなります。

緊急対処員が外にいる場合は、GPS機能「ココセコム」で全員の位置情報が分かるようになっているので、自宅から一番近い緊急対処員が対応、現場に急行してくれます。

自宅までの複数ルートを事前に検証しているので、最適な道筋で素早く自宅まで来てくれます。

しかしながら、セコムのWebサイトを見ても、緊急発進拠点の場所は明記されていません。
自宅から一番近い緊急発進拠点がどこにあるかは、担当の人に聞くとすぐに分かります。

無料見積もりの時に担当者に質問する他に、全国各地にあるセコムショップ・セキュリティ事務所でも教えてくれます。

セコムショップでは、セコム商品の展示販売、ホームセキュリティの操作体験の他に、セキュリティアドバイザーと防犯対策の相談が行なえます。セキュリティ事務所は、家庭だけでなく企業向けのサービスや商品を取り扱っています。

関連リンク:セコム「セコムショップ・セキュリティ事務所一覧」

ニーズに合わせた商品開発

防犯カメラ

セコムでは防犯カメラやコントローラー、センサーなどのセキュリティ機器やシステムを自社で研究・開発しています。

ホームセキュリティーを実際に利用している人の声や、事件の対処にあたった緊急対処員から実際の犯罪の手口や特徴などを聞き、新しい商品開発やシステムの改良に生かされます。

その為、最近多く起こっている犯罪にもすぐに対応できて、時代に合わせた使い勝手の良い商品を提供してくれるのも、セコムが選ばれている理由の一つです。

停電時も緊急通報が可能

セコムでは光回線、CATV回線などのインターネット回線を使って、通信・非常通報の利用ができます。

安全・安心をトータルサポート

セコムでは防災や損害保険、医療サービスなども展開していて、ホームセキュリティ以外でも、人々の安全と安全をトータルサポートしてくれます。

24時間365日体制の防犯監視システムだけでなく、万が一何かあった時の補償や、日々の生活・健康まで総合的に支えてくれるのが、セコムの特徴です。

ホームセキュリティーは一度導入すると、何年も付き合っていく必要があります。

  • 問題が起きた時、かけつけてくれる時間が早い。
  • 使い勝手の良い最新の防犯システム、機器が導入できる。
  • ホームセキュリティー以外の安心・安全もサポートもしてくれる。

というセコムなら、長期的に安心して利用できると思います。

セコムのオプションサービス

便利で利用者からの評判も良いセコムのオプションサービスをまとめました。

ガス漏れ監視

センサーがカス漏れを感知すると、ブザーと音声で異常を知らせます。

非常信号が送信されるので、留守中にガス漏れが発生した場合でも、セコムが対処してくれます。

救急通報

急に体調が悪くなったり、ケガをしたりした時に、ペンダントタイプの「マイドクター」を握ると、緊急対処員が自宅へ急行してくれます。

また緊急連絡先にセコムから連絡が来るので、持病持ちの人が一人で家に居る時などに利用できます。

安否見守り

室内の人の動きをセンサーで確認して、一定時間センサーが反応しない(=動きが確認できない)と、状況に応じて緊急対処員が来たり、確認の上消防へ通報したりしてくれます。

センサーを取り付ける場所は、トイレに行く時に必ず使う廊下など。
「一人暮らしをしている高齢の親や親戚が居て、万が一のことを考えると心配」という人は、ライフ監視を導入してみるのも手です。

屋外画像監視

庭などの家の敷地内にあるセンサーが感知すると、すぐにセコムがカメラで確認。
緊急対処員を出動、必要に応じて音声警告や、緊急連絡先への連絡、警察への通報をしてくれます

空き巣や不審者の侵入を未然に防ぐ効果があります。

帰宅待ち機能

玄関を開けてから警備を解除するまでの音を小さくできる機能です。

夜中に帰宅する家族がいる場合、音を小さくすることで他の家族に迷惑をかけません。

帰宅待ち機能は追加料金が発生しないので、実際にセコムホームセキュリティを導入した後「音が思ったより気になる」という人は利用を検討してみましょう。

3つのセキュリティプラン

セコムホームセキュリティでは、家の間取りやライフスタイルに合わせて選べる3つのタイプを用意しています。

各種料金プランに関しては「高いのには訳があるSECOM(セコム)の料金プラン」で紹介しています。

スマートNEO(ネオ)

スマートNEO(ネオ)はマンションなど部屋数が少ない住宅や、高齢者見守りサービスなどのニーズにも対応するシステムです。

コントローラーはコンパクトなデザインで場所を取りません。

NEO

ホームコントローラーは、従来の壁付けではなく「小型卓上据え置きタイプ」なので、自宅の様々な場所に溶け込み、部屋のインテリアとの邪魔をしません。

スマートフォンで自宅のセキュリティ状態を確認したり、警戒(セット)解除などの操作ができたりと、場所や時間問わず、いつでも確認や操作ができるのがメリットです。

グランデ

二世帯住宅、お店と住まいが一緒になった職住一体型住宅など、部屋数が多い家向けのホームセキュリティです。

モニターはタッチパネル式で使いやすく、異常が発生した時はモニターに内容を表示、発生個所も一目で確認できます。

最大30ヶ所の防犯区画を設定できるので、最大「3世帯+共用部分+庭」に分割してセキュリティが利用可能です。

例えば親世帯のセキュリティ状態を確認できたり、閉店後の店のセキュリティだけをONにしたりと、様々な使い分けができます。

またホームコントローラーも最大で16台設置できるので、各部屋に取り付ければそれぞれシステム操作が行なえるというメリットがあります。

内線通話や、一斉放送機能もあるので「子どもと連絡したい時や人を呼ぶ時に便利」と評判で、防犯対策以外にも役に立ちます。

充実したセキュリティプランが魅力

泥棒や空き巣などの侵入経路No.1の窓や、寝室、子ども部屋など、各家庭で重要なエリアには、センサーを重点的に設置することで、セキュリティ強化もできます。

「空き巣被害が頻発している」「生け垣やブロックが家の周りを囲っている」と言うような周辺環境や、侵入経路などから総合的に判断して、住まいや希望のニーズに合ったセキュリティプランを提案してくれます。

セコムの無料見積もりでは、セキュリティのプロが予算に応じた最適なセキュリティプランを提案してくれるので、コストパフォーマンス的にも安心です。

関連記事をもっと読む