アルソック

テレビとDIYで防犯対策!パナソニックのホームセキュリティとは?

パナソニックでホームセキュリティ

パナソニックのホームセキュリティは、「ライフィニティ(くらし安心ホームシステム)を利用する」と、「パナソニックのセキュリティ製品を使ったセキュリティシステム(かんたんマモリエ)を利用する」の2種類あります。

ライフィニティの特徴

ライフィニティは新築戸建住宅向けのホームセキュリティーです。
家電などの電気設備をネットワークで繋ぐことで、防犯・防災に役立つサービスを受けられます。

警戒状態や戸締まりの確認は、コントロールパネル以外にもビエラのTV画面からも行なえます。

誰かな用心サービス

パナソニック製品のアクトビラ対応のテレビ、ブルーレイ、DVDレコーダーがあれば、来客者がドアホンを押したり、センサーライト付きのカメラが侵入者を検知すると、TV画面で映像を確認できます。

外出先から、来客や家族の帰宅を知らせたり、来客者と通話できたりするサービスもあります。

留守宅用心サービス

窓やドアにセンサーを設置して、侵入者を検知すると警告音が鳴り、メールで異常を通知してくれます。また急に体調が悪くなった時に、ワイヤレスペンダントのボタンを押せば家族にメールで知らせてくれます。

月額500円+税で始められる

「誰かな用心サービス」と「留守宅用心サービス」はそれぞれ月々500円+税で利用できます。

似たようなサービスとしては、ソフトバンクのみまもりホームセキュリティがありますが、ライフィニティでは他の警備会社(みまもりホームセキュリティはセントラル警備保障)と提携して、万が一の時に警備員の出動を要請できるプランはありません。

その他に、在宅中はビエラから、外出時は携帯電話で照明やエアコンのスイッチをオン・オフできるサービスもあります。電気やエアコンの消し忘れを防いだり、留守中も誰か家に居るように演出できたりと、様々な用途で利用できます。

くらし安全ホームサービス「ライフィニティ」は、パナソニックのWebページから申込めます。
Panasonic くらし安全ホームサービス

かんたんマモリエを利用する

パナソニックは防犯・防災関係のセキュリティ商品も数多く販売しています。

  • インターホン・テレビドアホン
  • センサーカメラ
  • センサーライト付き屋外ワイヤレスカメラ
  • ネットワークカメラ
  • 窓、ドアセンサー
  • ガラス破壊検査器
  • 住宅用火災警報器

ワイヤレスセキュリティシステム「かんたんマモリエ」では、窓・ドアセンサー、熱線センサー、火災警報器、非常連絡用発信器を使ったホームセキュリティが利用できます。

自宅に必要なセキュリティ機器を購入して、自分で取り付けをします。

いわゆる電気工事担任者の資格がなくても設置が可能です。ヨドバシカメラなどの家電量販店や、ネットショップの防犯用品コーナーで購入できます。

既築の物件でもOKで、セキュリティ機器の値段だけで導入できるのがメリットです。ライフィニティと同じく警備会社との提携はありません。

まとめ

パナソニックのホームセキュリティは、パナソニックの防犯用品や関連商品を購入して、取り付けて、異常が発生した時にメールで通知してくれるシステムです。

警備会社系のホームセキュリティとは異なり、警備員の出動はありません。
その分、ほぼセキュリティ機器代金だけで安価に導入できるのがメリットです。

近くにホームセキュリティを扱う会社がない場合や、限られた予算の中で防犯対策を実施したい家庭にはぴったりだと思います。

アルソック
ズバットホームセキュリティ比較
関連記事をもっと読む