アルソック

Webカメラを利用したセルフセキュリティ「HOME ALSOKアルボeye」が9月30日にサービス開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME ALSOKアルボeye

【2014年9月25日】

ホームセキュリティ業界大手のALSOK(アルソック)はセンサー付きWebカメラを利用したセルフセキュリティ「HOME ALSOKアルボeye」を2014年9月30日からサービス開始することを発表しました。

HOME ALSOKアルボeyeは、Webカメラを自宅に取り付けて、映った自宅の様子をスマートフォンやパソコンからいつでも確認でき、侵入者を感知した場合は異常事態の発生を画像付きでメール通知されます。必要に応じてALSOKのガードマンの駆けつけも要請できます。

Webカメラの画像はALSOKでは閲覧不可なので、利用者のプライバシーを守りながら、ホームセキュリティが利用できるます。

HOME ALSOKアルボeyeの特徴

HOME ALSOKアルボeyeのサービス内容

【留守中の侵入者を監視】
留守中の侵入者を監視。自宅へ帰る前にWebカメラの画像を確認することで、安心して自宅に入れます。

【家族の帰宅をお知らせ】
Webカメラを玄関や勝手口などに設置して、設定した時間内に内蔵センサーが反応するとメール通知されるので、家族の帰宅確認に利用できます。

【高齢者・留守番の見守り】
子どもや高齢の両親、ペット、ベビーシッター・家事代行者の様子をライブ画像で確認できます。Webカメラには双方向通話機能を搭載しているので、画像を見ながら声掛けも行なえます。

また設定温度になるとお知らせメールが送信されるので、熱中症対策などにも活用できます。

料金

HOME ALSOKアルボeyeの契約期間は2年間。
初期費用やセキュリティ機器代は不要ですが、インターネット回線(光回線を推奨)が必要です。

【月額料金】
パンチルト(首振り)機能なし…… 2,000円+税
パンチルト(首振り)機能あり…… 2,500円+税

【かけつけサービスの出動料金】
1回3,000円+税

まとめ

HOME ALSOKアルボeyeは従来のALSOKホームセキュリティとは異なり、大掛かりなセキュリティ工事の必要がなく 「外出することが少なく、普段は自分で守れる。でも、いざという時にはプロに対応を任せたい」という人に向いているサービスです。

ALSOKのガードマンの駆けつけは、自動ではなく利用者からの出動依頼が必要。カギの預かりサービスはないので自宅周辺の確認だけになる、という違いがあります。


「HOME ALSOKアルボeye」販売開始について – ALSOK

アルソック
ズバットホームセキュリティ比較
関連記事をもっと読む