アルソック

契約期間は何年?短期間だけ利用できるホームセキュリティはある?

ホームセキュリティの契約期間

A.ほとんどのホームセキュリティの契約期間は5年です。
5年を経過すると1年ごとの自動更新になり、5年未満の途中契約では解約金などの違約金がかかります。

プランや事情によっては、最短1週間からの短期契約できる所もあります。

短期契約可能なホームセキュリティ一覧

短期間利用できるホームセキュリティをまとめました。

ALSOK(アルソック)

ALSOK

アルソックではストーカー被害に悩む女性を対象とした短期契約可能な「HOME ALSOK レディースサポート」があります。

24時間の相談受付サポート「コンシェルジュ」。レディースサポート専用端末を貸し出し、非常時に非常ボタンを押したり、アルソックに電話したりするとガードマンが駆けつける「モバイルセキュリティ」「ガードマンかけつけ」が基本パッケージになっています。

オプションサービスの「ホームセキュリティ レディースプラン」では、家の中で万が一の時に非常ボタンを押すと、近くの待機所からガードマンが駆けつけてくれます(料金は月額9,660円)。

アルソックの契約期間は通常5年ですが、6ヶ月から契約が可能です。

契約後、ホームセキュリティサービス開始までの間は、自宅付近を巡回するサービスも行なっているので「今すぐストーカー対策をしたい」という人も安心です。

非常通報の他、侵入監視のプランやストーカーの証拠集めとして安価にレンタル可能なセキュリティ機器も用意しています。

みまもりホームセキュリティ

みまもりホームセキュリティ

ソフトバンクのみまもりホームセキュリティの契約期間は2年単位と短いです。

月々500円程度(467円+税)で簡易ホームセキュリティが利用でき、セントラル警備保障(CSP)に出動要請ができるサービス「CSPみまもりアシスト」もあります。

ちなみに「みまもりホームセキュリティ専用2年契約」に加入しない場合は、基本使用料が月々934円+税に値上がりします。

セントラル警備保障

セントラル警備保障(CSP)

「1週間以上、家を留守にするので、その間だけ導入したい」という場合、セントラル警備保障(CSP)には1週間から利用できる「留守宅ガード」があります。

侵入者を感知する空間センサーを設置。異常が発生した場合、CSP指令センターに自動通報されて、パトロール員が自宅まで駆けつけます。

壁に傷を付けない据置型のセンサーを使用するので、大掛かりな工事も不要です。レンタル期間は最短1週間。料金は2万円ちょっとで利用できます。

オプションサービスとして、スタッフが室内の換気や通水、掃除、郵便物の取り込み、植物への水やりなどの住居の管理を行なう「留守宅管理サービス」や、自宅周辺をパトロール員が不定期で巡回する「不定時巡回サービス」もあります。

最後に

基本的にどの業者を選んでも、契約期間は最短で5年です。短期間だけ利用したい場合は、中途解約を考える必要があります。

またはホームセンターや家電量販店などでセキュリティ機器を購入して、DIYで設置するという方法もあります。

ホームセキュリティを導入する前、見積もりに来た担当者に「○年間だけ利用したいが、その場合の料金や解約金はいくらになるか」を確認した方が良いです。

解約金や違約金に関しては業者ごとに異なるので、いくつかの業者に見積もりを出して比較検討することが大切です。

アルソック
ズバットホームセキュリティ比較
関連記事をもっと読む